住まいを心地良い空間に

私たちの暮らしている住宅には、様々なマイナスの気が存在しています。

自分の気を高めるには、まず住宅の気を高め、その土地のマイナスの気をできるだけ少なくすることが必要です。

いくら自身の気を高めても、身を置く土地の気が良くなければ、その悪影響から逃れることはできません。

また、何らかの原因で自分の気のレベルが低下しても、土地の気を高めておけば、そのプラスの作用で回復に向かうことができます。つまり、土地の気には、そこに住む人の気が落ちないように保つという重要な働きがあるのです。

プラスの気に満ちた「砂」

心地よい砂

を住宅の敷地に撒きます。

「砂」を撒くことで、土地や建物に染み付いていたマイナスの気が浮き上がり、一時的にマイナスの気が辺りに充満する現象が起こります。この期間中、一時的な不快感、悪夢や金縛り、不眠などの症状が出る場合もあります。

これらは好転化反応によるもので、その物件がどの程度のイヤシロチ度なのかによりますが、通常1週間~3ヵ月程で土地の持つプラスの気によって中和され消えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP